優しいだけの男

なぜ優しいだけの男はダメなのか

スポンサーリンク

女性はよく理想の男性として優しいというのを上げます。
でも実際は優しいだけの男性はモテない場合が多々あります。
それはどうしてでしょうか。
女心の複雑なところなのかもしれませんね。
優しいんだけど男性としては魅力を感じない。
優しいんだけど恋愛対象にはならない
いい人なんだけどごめんなさい。
という女性の言葉をよく聞きませんか。
もしくはそんな言葉を言われて振られた男性もいるかもしれません。
優しいということはとても魅力的なのですが、いつでもどこでも優しいというのはときには頼りなく感じることもあって男性として魅力を損なっている可能性が高いです。

スポンサーリンク

もしあなたが「優しい人でいいんだけどごめんなさい。」と言われたのなら優しすぎるのかもしれませんね。
彼女のわがままを言いなりにになっていませんか。
時には自分の意見をいったり、気持ちを伝えることもとても大事なのです。
女性は精神的に強そうに見えてもいざというときは頼りにしたい。と考えている人が多いです。
自分をリードしてもらいたい!と思っていることがあります。
なので普段は優しくてもいざというときは彼女を支えてあげる、励ましてあげる、厳しくしなくてはいけないときはそうするという姿勢が大事なのです。
またお付き合い初めてみて物足りないな、刺激がないなという気持ちを抱いてしまう女性もいます。
恋愛においてはある程度ドキドキすることが必要なので、優しく彼女に接するだけではなくときには引いてみるということもポイントです。
女性も男性もどちらもですが、自分のほうから追いかけてばかりいて、優しくしていると相手がどこか甘えてしまってちょっとよそ見してもいいかなという気持ちになることもあります。
男性側が追いかけるばかりではなく追いかけてもらうシチュエーションを時々作り出すといいですね。

スポンサーリンク